洋服買取!あなたの洋服を高く売るならまずはコチラ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

選べる3つの買取方法

昔は買取店に洋服を持参して、査定・買取してもらうのが一般的でしたが、今は「店頭買取」「宅配買取」「出張買取」といった3つの買取方法から好きなタイプを選ぶことができます。
以前よりも自分の都合に合わせて売れるようになったので、時間がなくて買取店に行けない人でも簡単に洋服を買取してもらえます。
そこで買取方法別のメリット・デメリットについて説明していくので、自分にはどの方法が合っているのか考えてみてください。

お店に売りたい品物を持参して買取してもらう方法を店頭買取といいます。
店頭買取は昔から行われている最もメジャーな買取方法です。
店頭買取のメリットはその場で査定をしてもらい、査定額に満足できれば、すぐにお金をもらえることです。
「お財布がピンチでヤバい!」という時はこの方法で買取してもらいましょう。
どうしてその査定額なのか?といった分からないことや疑問に感じたことをその場で質問できるのも宅配買取のメリットです。
デメリットは近くにお店がない人やブランドの洋服を大量に売りたい人だと時間と手間がかかってしまうことです。
対面して取引をするので、査定額が低くても断りづらいと感じる人もいるでしょう。

最近、利用者が増えているのが宅配買取です。
売りたい物を買取店に送るだけなので、日中仕事をしている人や買取店が近くにない人の利用が多いです。
品物を買取店に送る際にかかる送料やキャンセル料なども基本的に無料です。
キャンセル時にかかる返送料は利用する買取店によって発生する場合があります。
自分で段ボールや梱包材を用意すると査定額がアップする買取店もあるのでホームページで確認してください。
デメリットはすぐにお金が受け取れないことです。
申込から入金まで1週間以上かかる場合もあるので、すぐにお金が必要な人には不向きです。
また、お金が振り込まれない、品物を返送してもらえないといったトラブルも少なくありません。

大量に売りたい洋服がある時に便利なのが出張買取です。
わざわざお店に行かなくても自宅まで査定士が来てくれるので、時間と手間を省くことができます。
査定は玄関で行い、代金もその場で受け取れます。
買取価格があまりにも高額になった場合は後日振込になります。
デメリットは買取店とのスケジュール調整が上手くいかず、売るのが遅くなってしまう可能性があることです。
さらに悪徳業者を利用してしまうと強引に買い取られる場合もあるので注意しないといけません。

こんな業者には気をつけよう

全ての買取業者が丁寧で誠実な買取をしていると思ったら大間違いです。
中には不当な買取や強引な買取をしているところもあるので、適当に買取業者を選んでしまうと痛い目を見ます。
悪徳業者を利用しないためにもどんな業者を避けた方がいいのか知っておきましょう。

まず、絶対に利用してはいけないのが訪問買取です。
「いらないブランド品やジュエリーはありませんか?」などとアポなしで、訪れるような業者は危険です。
基本的にこの手の業者は悪徳業者だと考えてください。
家の中に入れてしまうと売りたくない物まで、強引に買い取られてしまいます。
しかも、買取価格が非常に低く相場以下です。
買取契約が成立してしまうと品物を返してもらうことは難しいです。
なぜなら、訪問買取にはクーリングオフが適用されないからです。
しつこく言い続けることで返してもらえる場合もありますが、大抵の場合は要求に応じてくれません。
一番いいのは家に入れないことなので、訪問買取が訪れ場合、ドアを開けずに断ってください。
「結構です!」とハッキリと断れば、すんなりと諦めてくれるでしょう。
曖昧な態度を取ると隙を作ってしまうので、ハッキリと断ることが重要です。

「この価格で買取できるのは今日だけ」「明日になると相場が下がってしまう」などとお客さんを不安にさせるような発言をする買取業者も避けるようにしてください。
騙されてしまう人も多いですが、いくら流行に左右されやすい洋服でも1日や2日でそう簡単に買取価格は下がりません。
他の業者と比較されるのが嫌なので、このような発言をするのだと思ってください。
査定額に自信があるなら、比較されても問題ないはずです。
査定額が安いことを自覚しているからこそ、出てしまうセールストークです。
買取を強要するような業者は悪徳業者の可能性が高いです。

そして、利用者の口コミが悪い買取業者も避けた方がいいです。
利用したい業者をネットで検索すると口コミが多かれ少なかれ出てくると思います。
その口コミを見て信用できるのか、信用できないのか判断するのもいいでしょう。
大手の買取店になればなるほど口コミの数が多くなります。
小さな買取店だと口コミがない場合もあるので、その時はお店に電話やメールをして、対応がいいのか確認してください。
電話がいつも繋がらない、メールを送ったのに返信がないまたは遅いといった場合は利用すべきではありません。
対応の悪い買取店を利用するとトラブルに遭う可能性が高いです。

ブランド洋服は高額買取が難しい

数万円で買ったブランドの洋服を売ってみたら数百円にしかならなかったという人も多いのではないでしょうか。
ブランド洋服を安く買取されるケースはそんなに珍しいことではなく、よくあることです。
では、どうして安く買取されることが多いのでしょうか?

それは洋服の場合、流行や人気に左右されやすいためです。
他のジャンルとは異なり、洋服は常に色々なブランドから新商品が発売されます。
みなさん流行のファッションをしたいと考えているので、わざわざ流行が過ぎた洋服や人気がなくなった洋服を買おうとは思いません。
買取しても売れずに在庫を抱える可能性があるので、流行が過ぎた洋服は評価が低くなります。
逆に現在流行っている洋服や雑誌で紹介されている洋服、有名人が着用している洋服などは評価が高いです。
しかし、特別な理由がない限り、流行の服を売る人なんていないですよね?
流行が過ぎてから売るのが普通です。

洋服の買取相場は古くなれば古くなるほど下がっていきます。
今なら5000円で売れるものでも来年になると1000円程度になってしまう場合もあります。
他の中古品よりも相場の変動が激しいので、いらない洋服は早めに売るのが一番です。
できれば流行が過ぎる前に売りたいところですが、せっかく買った洋服をすぐに手放すのは難しいと思うので、着なくなったと思った瞬間に売るようにしてください。

また、洋服だと新品に近い状態で売るのが難しいというのも買取価格が上がりにくい理由のひとつです。
どんなに気をつけて着用してもシミがついたり、穴が空いたり、糸がほつれたりするので、中古品の中で最も綺麗な状態を保つのが難しいジャンルだといっていいでしょう。
使用感が多ければ多いほど価値が下がるので、お気に入りだった洋服ほど安く買取されてしまいます。

このような理由からブランドの洋服は普通に売ってしまうと安く買取されます。
少しでも高く買取してもらうためにもちょっとした工夫をしてください。
洗濯をしたり、アイロンをかけてから査定に出すだけでも査定額が高くなりますし、きちんと畳んで品物を渡した方が印象が良くなります。
付属品を一緒に提出するとさらに査定額がアップします。
そして、何よりも大事なことは少しでも早く売ることです。
売ろうかどうしようか迷っている間にも洋服の価値は下がっているので、着ないと思ったら売る決心をしてください。
「3ヶ月着なかったら売ろう」などとルールを決めておくのもいいかもしれません。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket